HOME >>

ダンボールここだけの話へようこそ!

当サイトへアクセスしていただき、ありがとうございます。

ダンボールここだけの話

最近、ダンボールは家具や看板そして建築材料など、昔からの箱としての使いか対外の多様な方面に有効利用されています。

そしてその最も重要な有効活用のひとつに、リサイクルがあります。

また身近な工作材料であることも、有効活用を広げる大きな要因です。

ダンボールで滑り台を作ってみたり、コンポストを作り家庭菜園で美味しい野菜を食べれます。

その使いやすさから生活の内部に自然と浸透しているのです。

ちなみにダンボールのリサイクル率は90%を超え、新しくダンボール箱になる殆どは古紙から出来ているそうです。

使い終わってからもリサイクルされる素材であるにもかかわらず、スーパーなどから入手するダンボールに至っては、壊れてボロボロになるまで、使われています。

そして意外と気付かなかったのですが、紙のリサイクル率はダンボール程、高くありません。

思い返してみると、自分の生活の中でも自然と燃えるゴミとして扱っているのに気付きます。

どうしても、個人情報の問題とかリサイクルが出来ない紙もあるので、仕方がありません。

しかし仕方ないで済ませるよりも、今気付いたことを実行していくことが大事なのではないかと気付いたのです。

世界的にみたら、森林伐採や乱開発の話題が途切れる事がありません。

二酸化炭素を吸収してくれる森が急激に縮小をしています。

その結果、地球上に二酸化炭素があふれだし、温暖化現象になっています。

様々は原因が絡み合い、いちがいに賛否は言えませんが、今のままではいけない事だけは、あなたも知っていると思います。

リサイクル社会において難しい話はなかなか専門家ほどの知識はありませんが、この気付いた事実を自分なりに調べて、インターネットを通じて発信することが、少なくても自分にとっての社会貢献になるのかと思うのです。

このサイトでは、そんなダンボールを軸に考えた環境問題や食文化を脅かす問題等の話をしています。

是非、最後までお読み頂ければと思います。

ダンボールここだけの話記事一覧

ダンボールここだけの話

ダンボールここだけの話

当HPについて

ダンボールここだけの話は情報収集にお役立てください。

ダンボールは壊れてボロボロになるまで使われています